ベルリンで学ぶドイツ語 - ドイツ語基礎統一試験 (ZD)

ドイツ語基礎統一試験(ZD)は、基礎的なドイツ語知識があり、
日常的な場面でドイツ語で生活できることを証明する試験です。
文法構造をよく習得し、一般 的なテーマの会話に参加できることが求められます。
さらに、簡単な状況を口頭かつ文章で表現でき、日常のテーマについての文章を理解できることが必要で す。

ZDは世界的に通用し、職業においてもドイツ語の基礎能力を証明するものとして通用します。
また、ドイツ国籍取得の申請の際にもドイツ語の能力証明として認められています。
ZDの取得はヨーロッパ評議会の設定しているレベルB1の終了を意味します。

また、ZDのレベルでは、ドイツやスイス、オーストリアに様々な方言があり、
使われる単語にも地域差があることを理解していることが求められます。

このドイツ語基礎統一試験はフライブルク大学、ゲーテインスティテュート(GI)、スイス教育評議会(EDK)、
オーストリア政府公認ドイツ語能力検定試験(ÖSD)、成人教育検定システム社(WBT)の共同プロジェクト
によるものです。

SprachenatelierでのZD試験対策は、通年開講されている集中コースを1コース(8週間)を
受講することで準備できます。

また、この試験に合格するためには400〜600の授業時間(1授業45分)を受ける必要があります。

*試験方法

筆記試験: 読解・文法語彙(90分)、ヒアリング(30分)、作文(手紙)(30分)からなり、作文以外はマークシート方式

口頭試験: 約15分程で、筆記試験に合格すると進める。

Sprachenatelierでの受験を希望される方はEメールmail@sprachenatelier-berlin.de
もしくはお電話 +49.(0)30.2758 9855 にて期日、受験料等をお問い合わせください。